上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
さまざまな女性の視点で描かれる    
想いは今、どこに?





『夜の花壇』



昼間の熱気がまだ部屋の中に残っていた


忙しさから解放され 一息ついた夜
エアコンの風が優しく触れる


ようやく取れた遅い夏休み
明日からの里帰り 旅行用のバッグを取りだした


去年の出来事が記憶に浮かぶ
 

久しぶりに地元で開かれた同窓会
懐かしさの隙間をぬって 悲しみが心を打ちつけた


交通事故で逝ってしまった彼 憧れの人だった
動揺は涙に変わり 笑った顔だけが思い浮かぶ


窓の外から聞こえてくる 小刻みに弾ける音
ビルの陰から見えた花火 遠くで開いては消える光 


何にでも一生懸命だった・・
ふっと 思い出される彼の言葉


「花火って一瞬しか咲けないよな・・」


まぶしいほどの光の大輪 高く一斉に咲き誇り空一面広がった


まるで命を与えられた 夜の花壇
短く精一杯生きたあの人のように 力強くそして消えた・・
   



                         


スポンサーサイト
2017.08.28 Mon l 想いは今、どこに? l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。