上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
さまざまな女性の視点で描かれる    
想いは今、どこに?




『夜の魚たち』



やっと同じ休日 久しぶりの1日デート
今回は癒しがテーマだった


水族館に行きたいと言ったのは私から・・
平日の夜の館内 予想どおりの穏やかな空気


水槽の中に広がる ゆったりとしたブルーの世界
静かに気持ちを落ち着かせていく


人の波が押し寄せる毎日の生活
解放されたわずかな時間 彼にとっても同じだった


一番大きな水槽にたどりつく
数え切れないほどの色鮮やかな魚たち 優雅に泳ぐ姿


ガラスの壁をのぞき込む お互いがうっすらと写る
変わらない柔らかな眼差し 目が合い思わず微笑んだ


2匹で遊ぶオレンジ色の魚 二人のいる場所からなぜか離れない
 

彼が私の手をそっと握った
すれ違いだった時間分 やさしく想いを包みこむ


夜の魚たちと一緒に 心はゆっくりと泳ぎ始めた
   
 
 

スポンサーサイト
2017.08.28 Mon l 想いは今、どこに? l コメント (0) l top
さまざまな女性の視点で描かれる    
想いは今、どこに?





『曇りがちなプール』



少しだけ戸惑いを感じる 去年と同じ水着
沈む気持ちを抑えて着替えた


約束していたホテルのプール いま断る理由はなかった・・
夏日とまでは言えない気温 人は少なく


プールサイドで待っていた彼
私の水着を見て ポツリとつぶやいた


「去年も 赤 だったよね・・」
毎年買い替えていた事 彼は知っていた


少しずつ心を冷やし始めていた 2人のケンカ
夏が連れてくる熱い気持ち もう見つからなかった


プールの水面が私を映し出す
流されていく想い 止められないまま


空を見上げる どんよりただよう暗い雲
隙間からわずかに うっすらとした光りの帯


陽射しの届かない 曇りがちなプール
私に似ている 中途半端な現実


季節の終わりを感じながら 過ぎていくだけの時間・・ 






2017.08.28 Mon l 想いは今、どこに? l コメント (0) l top
さまざまな女性の視点で描かれる    
想いは今、どこに?





『夜の花壇』



昼間の熱気がまだ部屋の中に残っていた


忙しさから解放され 一息ついた夜
エアコンの風が優しく触れる


ようやく取れた遅い夏休み
明日からの里帰り 旅行用のバッグを取りだした


去年の出来事が記憶に浮かぶ
 

久しぶりに地元で開かれた同窓会
懐かしさの隙間をぬって 悲しみが心を打ちつけた


交通事故で逝ってしまった彼 憧れの人だった
動揺は涙に変わり 笑った顔だけが思い浮かぶ


窓の外から聞こえてくる 小刻みに弾ける音
ビルの陰から見えた花火 遠くで開いては消える光 


何にでも一生懸命だった・・
ふっと 思い出される彼の言葉


「花火って一瞬しか咲けないよな・・」


まぶしいほどの光の大輪 高く一斉に咲き誇り空一面広がった


まるで命を与えられた 夜の花壇
短く精一杯生きたあの人のように 力強くそして消えた・・
   



                         


2017.08.28 Mon l 想いは今、どこに? l コメント (0) l top
さまざまな女性の視点で描かれる    
想いは今、どこに?





『賑やかな食材』



彼とスーパーで買い物
今までは出来なかった たったそれだけのこと


結婚を決めた人だけを自宅にと 心で決めていた
考え方が古いって言われた 学生の頃からの小さな夢


友達はみんな彼を平気で部屋に呼んでいた


色とりどりの食材が ぎっしりと並ぶ
ゆっくりとカートを押しながら 彼の姿を探す


猛暑のせいかキツメの冷房 Tシャツをすり抜け肌寒い


休日にラフな格好で買い物をするカップル
そんな憧れの時間 待ち望んだひととき


通路の奥からこちらに向けた赤いパプリカ
これでいいの? 口パクする彼の少しだけ戸惑う顔


私が作ったOKサイン 小さくうなずくほほ笑み
この瞬間を味わいたかった!


一人なら必要のないほどの食材がカートを埋める
トマト,レタス,オレンジ,すべて2人分


自宅に招いた小さな夢 賑やかな食材
みんな・・ずっと 待ってた日     

                         






2017.08.28 Mon l 想いは今、どこに? l コメント (0) l top
さまざまな女性の視点で描かれる    
想いは今、どこに?

 


『いつかのあなたへ』


     
重なり合うセミの声 開くホテルの扉


髪を揺らす冷たい空気 目に映る和やかなロビー
リゾート地にでも訪れたような心地良さだった


ざわめきを感じて振り返る 
黒いタキシードに白いウエディングドレス


ゆっくりと通り過ぎる 緊張に包まれた二人の笑顔
見物している人たち 瞳には温かさが溢れていく


子供の頃から憧れていた 白いウエディングドレス
今はまだ 呼んでくれそうにもない・・


誰かを好きにならなかった訳ではない
プロポーズという言葉に 心を弾ませる自分が見つからなかった


未来を一緒に歩き続けていく誰か
私にウエディングドレスを与えてくれる人


いつかのあなたへ・・・


時計の針は いつの時を差してますか?



   

                         


2017.08.28 Mon l 想いは今、どこに? l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。